母乳サプリとたんぽぽ茶どっちが効果ある?徹底比較

母乳不足に悩むママへ。私が母乳を増やすために試したハーブティーや母乳サプリメント。たんぽぽ茶やミルニック・すくすく母乳の泉などを実際に使用して感じた効果を口コミします。母乳を増やす方法が知りたい、完全母乳育児を目指したい、そんなママへ贈る完母になった体験談です

安産と産後のスムーズな母乳育児のために!妊娠中からできるケアって?

スポンサーリンク

 

妊娠後期になってお腹が大きくなってくると、

『陣痛ってどれくらい痛いんだろう?ちゃんと安産できるかな?』

『アソコはやっぱり切るのかな?割けるのかな?(>_<)』

『赤ちゃんが産まれたら、ちゃんと母乳が出るかな?』

『早く赤ちゃんを抱っこしたいな!どんな顔してるんだろう?』

と不安と期待で胸がいっぱいになりませんか??

 

f:id:namakouso:20170602053324j:plain

 

安産と産後の母乳育児のために妊娠中からできるケアってどんな物があるでしょうか?

食事・運動・マッサージ・イメトレ…色んな方法があります(*^^*)

赤ちゃんが産まれた日から休むことなく始まる育児。今からちょっとだけ準備しておきましょう♪

 

スムーズな出産と母乳分泌のためにマタニティのうちから準備できる事とは?

f:id:namakouso:20170516023308j:plain

 

運動をする

妊娠中、太りすぎてしまうと産道にも脂肪がつき難産になりやすいです。また妊娠中安静にばかりしていると体力も落ちてしまいます。

安産のためには太りすぎないこと、体力を蓄えておくことが重要!定番中の定番ですが、安定期以降は適度にウォーキングをしたり身体を動かしましょう。またマタニティスイミングやマタニティヨガもおすすめです。

私は臨月が近づいたらウォーキングは毎日1時間以上が目標!と言われました(*^^*)

マタニティスイミングをしていたママは会陰切開する人が少ないという報告もありますよ。また産前からママ友ができる機会にも恵まれます。ただし、きちんと主治医の許可はとってからにしましょう。

 

 

栄養価の高い食事をとる

妊娠中の太り過ぎは危険ですが、反対に痩せすぎも体力不足や貧血を引き起こします。安産のためには体力を温存しておくこと、十分な栄養と血液を蓄えておく事が大切です(*^^*)

基本の食事は和食で一汁三菜ですが、特にオススメなのは納豆です。 納豆にはビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKは赤ちゃんがを通るときに頭蓋内出血や胃腸内出血を抑える効果があります!

 

 

出産のイメージ・呼吸法を学ぶ

緊張や強い痛みを感じると呼吸は乱れがちです。呼吸が乱れるとお産もスムーズに進みにくくなります。

出産の本や呼吸法のDVDなどで出産のイメージを持っておくことも大切です。大体の流れや痛みを逃す呼吸方が分かっていれば本番も落ち着いた気持ちで出産に臨むことができます。

 

 

体を温める

ママの体が冷えていると血流が悪くなり微弱陣痛になってしまいます。微弱陣痛はお産が長引き難産のもとです。

普段から入浴時はシャワーで済ませずお湯に浸かったり、腹巻やレッグウォーマーを活用する、また冷たい食べ物や飲み物を摂取しないなど身体を温めるようにしておきましょう(*^^*)

 

 

飲み物を工夫する

安産にはハーブティーのラズベリーリーフがオススメです。海外では安産のお茶として昔から愛飲されています。ラズベリーリーフを飲んでいた妊婦さんは分娩時間が短いという研究結果もありますよ。またゆっくりとハーブティーを飲む時間を持つことでリラックス効果も高まります。

さらにラズベリーリーフは母乳のためのお茶としても有名で、産後の母乳分泌をスムーズにしてくれます。ぜひ妊娠後期〜産後に飲みたいハーブティーですね。

私の通っていた産院では受付で売っていたので飲んでいる友達も多かったです(*^^*)

 

 

いかがでしたか?どれも簡単ですぐに実行できることばかりです♪

私はこちらの記事のミンミさんの出産方法の動画と本を読んで出産しました。賛否両論あるようですが、私はとても落ち着いたお産ができたので良かったと思っています。

出産体験記!MINMIの「痛くないキセキの出産方法」を試して安産できた話 

あなたが安産で、そして産後楽しい母乳育児ができるよう応援しています(*^^*)