母乳サプリとたんぽぽ茶どっちが効果ある?徹底比較

母乳不足に悩むママへ。私が母乳を増やすために試したハーブティーや母乳サプリメント。たんぽぽ茶やミルニック・すくすく母乳の泉などを実際に使用して感じた効果を口コミします。母乳を増やす方法が知りたい、完全母乳育児を目指したい、そんなママへ贈る完母になった体験談です

母乳サプリがたんぽぽ茶やハーブティーよりおすすめな3つの理由とは?

 

母乳サプリは妊娠中や授乳中に自分が飲むサプリメントですが、それはベビーに必要な栄養素を届けるためなんです(*^^*)母乳サプリには葉酸や鉄分、ビタミンやカルシウムが高配合されているので母乳栄養を簡単に高めることができます!!

 

f:id:namakouso:20170607053931j:plain

 

母乳育児をサポートするものとしてはたんぽぽ茶やハーブティーも有名ですが、それらよりも母乳サプリメントの方が優れている!と近年注目され開発も進んでいますよ。

 

でもなぜたんぽぽ茶とハーブティーよりも母乳サプリの方がおすすめなのか?その具体的な理由を説明します(*^^*)

 

 

たんぽぽ茶とハーブティーはもう古い?母乳サプリが優秀な3つの理由

 

f:id:namakouso:20170526120442j:plain

(母乳サプリもたんぽぽ茶も私もいくつも買っています)

 

1.栄養価が高い

たんぽぽ茶とハーブティーは基本的に母乳を増やすことを目的としています。たんぽぽ茶の主成分は西洋タンポポの根で鉄分やミネラルが豊富に含まれているので母乳を増やす効果があります。またハーブティーは西洋タンポポに加えラズベリーリーフやフェンネルなどがブレンドされている市販品が多いですが、これらも母乳分泌の増加に重きを置いています。

一方母乳サプリは分泌量を増やすと同時に母乳の質を高め、赤ちゃんに豊富な栄養素を届けることを目的としています。

 

 

2.簡単、手間いらず

授乳は1日に何回もしますよね?だからこそママも栄養を途絶えることなく毎日継続して摂取し続ける必要があります。

しかしたんぽぽ茶やハーブティーは、飲むたびにお湯を沸かしお茶を入れて冷まして飲まなければいけないので手間がかかります。赤ちゃんのお世話で忙しいのに1日に何回もそれを繰り返さないといけないし、洗い物も増えるし…と非常に面倒くさいのです。

一方、サプリメントであれば水さえあればすぐに飲めます。もちろんお湯を沸かす必要もなければ余計な洗い物が増えることもありません。この手軽さは忙しいママにとって非常に大きなメリットです(*^^*)

 例えば実家に帰ったり旅行に行ったりする時もたんぽぽ茶やハーブティーは無理でも、母乳サプリなら簡単に継続できると思いませんか?

 

 

3.味がまずくない

継続するためにはやっぱり味も重要ですよね?しかしながらたんぽぽ茶やハーブティーはやっぱりクセがあります。そして何より授乳期間中続けているとどうしても味にも飽きてきてしまうもの…(><)

でも母乳サプリであればいちいち味を感じることもなく水でサッと一瞬で飲めます。だからまずいと感じることもなければ味に飽きて苦しむ必要もないんです(*^^*)

 

 

f:id:namakouso:20170528152153j:plain

つまり母乳サプリはたんぽぽ茶やハーブティーよりも簡単になるのに、摂取できる栄養素は増えます(*^^*)栄養素が増えれば、もちろん母乳の量も増加しやすくなります。

 

赤ちゃんのために何かしてあげたい!!そう思うママは是非母乳サプリを試してみては??私は最初にたんぽぽ茶を買ったので遠回りしてしまいました(笑)あなたは最初から良いものを選んでくださいね(*^^*)

 

私が母乳のために沢山のことを試行錯誤し、辿り着いた結論はこちら↓

おすすめの母乳サプリも紹介しています

milnic-kuchikomi-hyouka.hatenadiary.jp

 

母乳サプリは母体のためじゃない!ベビーのために摂取がおすすめ!

 

母乳サプリと言うと授乳中に薬を飲むようでなんだか気が引けませんか?

そして母乳サプリメントは母乳不足対策が必要なママにおすすめされる物だと思っていませんか?

私も知識がない時はそんな風に思っていた1人でした(>_<)

 

f:id:namakouso:20170607040334j:plain

 

でも実はママのためじゃない!赤ちゃんのために必要なものだったんです(*^^*)

母乳育児をするうえで最も大切な2つのことは何だと思いますか?

  • 赤ちゃんがお腹いっぱいになれる十分なおっぱいの量を確保すること
  • 赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素をきちんと渡すこと

 

いくら栄養価が高いおっぱいでも量が少なすぎたら赤ちゃんのお腹は満たされません。

いくらたくさん母乳が出ても栄養価の低いおっぱいでは赤ちゃんの免疫力が下がったり、健やかな成長に影響を及ぼすかもしれません。

だから、『量』と『質』両方とも大切です。

この二点をバランスよく保つために摂取が推奨されているんです。つまり母乳サプリは赤ちゃんの健やかな成長に必要なものなんです♪

 

 

母乳サプリメントがおすすめな理由はママのためではなく赤ちゃんの成長のためだった! 

 

f:id:namakouso:20170517221641j:plain

赤ちゃんにはすくすく成長してほしい、それが全てのママの願いじゃないでしょうか?また出来れば免疫力が高く風邪や病気にならない方がいいし、花粉症やアトピー、アレルギーも避けたいですよね?

さらに身体はもちろん、脳や知能も正常に成長していってほしいと感じているはずです(*^^*)

 

 

そのためにあなたはどんな工夫をしていますか?

  • 朝・昼・晩と3食とも、一汁三菜の和食を用意していますか?
  • 添加物を避け良質な素材で出汁もにぼしや昆布から取っていますか?
  • 赤ちゃんの脳に必要な栄養であるDHAのために毎日魚を食べていますか?
  • おやつもさつまいもや野菜を利用してお菓子は禁止にしていますか?
  • 飲み物はノンカフェインのみで、甘い飲み物は一切やめていますか?

母乳のための理想的な食事を上げたらきりがありません。でも毎日完璧にこなすのは正直大変じゃないでしょうか?

 

 

授乳中のママはたくさんの栄養素をバランス良く、しかも非妊娠時より沢山摂取しなければいけませんもんね…。

f:id:namakouso:20170607042735j:plain

 

でも赤ちゃんのお世話や家事も忙しい。自分の食事なんてパパッと簡単な物で済ませてしまいたいこともありますよね?

そんな時でも水でサッとサプリメントを飲むだけで必要な栄養素が取れて、母乳の量も増えたらどうですか?

 

 

母乳サプリメントにはいくつか種類がありますが、たとえば4月15日発売のたまごクラブにも掲載された『すくすく母乳の泉』は知っていますか??

f:id:namakouso:20170607044013j:image

私も実際に買って飲んでいます(*^^*)

 

 

すくすく母乳の泉を飲むメリットは?

  1. 母乳の質を高める→厚生労働省が授乳期に摂取を推奨しているビタミン・ミネラルの必要量が摂取できる
  2. 母乳の量を増やす→西洋たんぽぽ・ラズベリーリーフ・ルイボス・ローズヒップが摂取できる
  3. 添加物や放射能を避けられる→香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防カビ剤・防腐剤・膨張剤・苦味料・光沢剤のすべてが無添加!!さらに放射能検査もクリア済み。

 

赤ちゃんの健やかな成長のために良い栄養素を手軽にしっかり取りませんか?(*^^*)

すくすく母乳の泉の詳細と公式サイトはこちらから↓

milnic-kuchikomi-hyouka.hatenadiary.jp

 

安産と産後のスムーズな母乳育児のために!妊娠中からできるケアって?

 

妊娠後期になってお腹が大きくなってくると、

『陣痛ってどれくらい痛いんだろう?ちゃんと安産できるかな?』

『アソコはやっぱり切るのかな?割けるのかな?(>_<)』

『赤ちゃんが産まれたら、ちゃんと母乳が出るかな?』

『早く赤ちゃんを抱っこしたいな!どんな顔してるんだろう?』

と不安と期待で胸がいっぱいになりませんか??

 

f:id:namakouso:20170602053324j:plain

 

安産と産後の母乳育児のために妊娠中からできるケアってどんな物があるでしょうか?

食事・運動・マッサージ・イメトレ…色んな方法があります(*^^*)

赤ちゃんが産まれた日から休むことなく始まる育児。今からちょっとだけ準備しておきましょう♪

 

スムーズな出産と母乳分泌のためにマタニティのうちから準備できる事とは?

f:id:namakouso:20170516023308j:plain

 

運動をする

妊娠中、太りすぎてしまうと産道にも脂肪がつき難産になりやすいです。また妊娠中安静にばかりしていると体力も落ちてしまいます。

安産のためには太りすぎないこと、体力を蓄えておくことが重要!定番中の定番ですが、安定期以降は適度にウォーキングをしたり身体を動かしましょう。またマタニティスイミングやマタニティヨガもおすすめです。

私は臨月が近づいたらウォーキングは毎日1時間以上が目標!と言われました(*^^*)

マタニティスイミングをしていたママは会陰切開する人が少ないという報告もありますよ。また産前からママ友ができる機会にも恵まれます。ただし、きちんと主治医の許可はとってからにしましょう。

 

 

栄養価の高い食事をとる

妊娠中の太り過ぎは危険ですが、反対に痩せすぎも体力不足や貧血を引き起こします。安産のためには体力を温存しておくこと、十分な栄養と血液を蓄えておく事が大切です(*^^*)

基本の食事は和食で一汁三菜ですが、特にオススメなのは納豆です。 納豆にはビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKは赤ちゃんがを通るときに頭蓋内出血や胃腸内出血を抑える効果があります!

 

 

出産のイメージ・呼吸法を学ぶ

緊張や強い痛みを感じると呼吸は乱れがちです。呼吸が乱れるとお産もスムーズに進みにくくなります。

出産の本や呼吸法のDVDなどで出産のイメージを持っておくことも大切です。大体の流れや痛みを逃す呼吸方が分かっていれば本番も落ち着いた気持ちで出産に臨むことができます。

 

 

体を温める

ママの体が冷えていると血流が悪くなり微弱陣痛になってしまいます。微弱陣痛はお産が長引き難産のもとです。

普段から入浴時はシャワーで済ませずお湯に浸かったり、腹巻やレッグウォーマーを活用する、また冷たい食べ物や飲み物を摂取しないなど身体を温めるようにしておきましょう(*^^*)

 

 

飲み物を工夫する

安産にはハーブティーのラズベリーリーフがオススメです。海外では安産のお茶として昔から愛飲されています。ラズベリーリーフを飲んでいた妊婦さんは分娩時間が短いという研究結果もありますよ。またゆっくりとハーブティーを飲む時間を持つことでリラックス効果も高まります。

さらにラズベリーリーフは母乳のためのお茶としても有名で、産後の母乳分泌をスムーズにしてくれます。ぜひ妊娠後期〜産後に飲みたいハーブティーですね。

私の通っていた産院では受付で売っていたので飲んでいる友達も多かったです(*^^*)

 

 

いかがでしたか?どれも簡単ですぐに実行できることばかりです♪

私はこちらの記事のミンミさんの出産方法の動画と本を読んで出産しました。賛否両論あるようですが、私はとても落ち着いたお産ができたので良かったと思っています。

出産体験記!MINMIの「痛くないキセキの出産方法」を試して安産できた話 

あなたが安産で、そして産後楽しい母乳育児ができるよう応援しています(*^^*)